LIFE FUN

誰の人生にでも「大逆転」のチャンスはある。
15歳で親元を離れ10年続けた野球で見えた自分との向き合い方、甲子園二大会連続出場の切符を手にするまでに越えてきた精神力が今のビジネスの元になる。
仕事やスポーツも努力の前に「やりたいのか、やりたくないのか」誰かに決められた、自動的に選ばされた人生ではなく、 自分のために何をすると楽しめるのか。
上京して多額の借金でもうダメかと思った時に見えた一筋の希望。
自分を信じて挑戦してきたからこそ伝えられる「挑戦者である」ことの意味。
あきらめなかった先に答えは必ずある、だから挑戦してほしい。
これから挑戦する人も、道半ばの人へも応援メッセージを含めた自叙伝です。

関連商品

  1. なぜ選挙出馬と地方移住がアツいのか?

    著者は1988年東京生まれ 33歳 IT関係の会社を経営。 東京と福島の二拠点にオフィス・住まいを2016年には引き払い、福島県に移住。 自身の人生設計は高校時代にすでに立てていて、サクサクをブレずに自分のやるべき目標を達成しています。 世間の意見や評価を気にしてノロノロ生きていては、あっという間に人生終わってしまう。どうすれば、こんなにブレずに先の予見ができるのか?

ページ上部へ戻る